短時間しか寝られない方にオススメ「寝る前の儀式」

      2016/09/08

     

しっかりと疲れを取るには、7時間半の睡眠が必要だと言われています。

 

でも、実際に働いている人で、毎日7時間半の睡眠時間を取るのは、かなり難しいですよね。

 

では、短時間の睡眠でもしっかり疲れを取るにはどうしたらいいでしょう?

 

 

そういう方にオススメなのが「寝る前の儀式」なんです。

 

今回は「寝る前の儀式」についてお話しますね。

 

 

 

寝る前の儀式って何?

布団(ベッド)に入ってから、できるだけ短時間で深い眠りに入ることができれば、睡眠の質を上げることができます。

 

これをするのに一番良い方法が「儀式」です。

 

寝る前に毎日同じ決まりごとをすることで、自然と「眠りスイッチ」が入るようになるんです。

 

 

5つのオススメ寝る前の儀式

寝る前の「儀式」でオススメなのが、

・ホットミルクなどの安眠に適した飲み物を飲む。

・ヒーリング効果のある音楽を聴く。

・手や足のマッサージをする。

・寝る1時間~2時間前にお風呂に入る。

・うがいや歯磨きをする。

 

 

どれも簡単なことですから今晩からでもできますよね。

 

1つのことではなく、複数のことを組み合わせる方が効果は上がるので、やってみて下さいね!

 

 

あと、レム睡眠ノンレム睡眠の関係で、睡眠時間は90分の倍数(6時間、4時間半、3時間)にする方が、翌朝、スッキリと起きられます。

レム睡眠とノンレム睡眠については、また別記事で書かせてもらいますね。

↓ ↓ ↓

「レム睡眠とノンレム睡眠」

 

 

これだけはやめて欲しい悪習慣

テレビパソコンスマホなどのブルーライトを使っているものは、脳を活性化させるので、寝る2時間前にはやめるようにしたいですね!

(これが一番難しい(^_^;)

 

 

帰ってきて、飯食って、風呂入ってからの~、テレビ、パソコン、スマホ。

寝る直前までやってる人がほとんどだと思います。

 

 

でも、例え1時間でもいいですから、ちょっと我慢してみて下さい。

翌朝の寝覚めが変わりますよ。

 

 

では、今日はこの辺でおやすみなさい。

 

あっ、今までスマホやパソコンで読んでくれてた人は、2時間してから寝て下さいね。

 

 

 

それでは、本当におやすみなさい☆GOODNIGHT☆(;д;)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 快眠法 ,