不眠症改善におすすめの音・音楽(バイノーラルビート、1/fゆらぎ)

      2017/01/21

     

これまで、このブログでもいろんな快眠法をご紹介してきました。

 

・寝る前の儀式

・アロマテラピー

・カラーセラピー

・飲み物

・食べ物

・ツボ

・入浴法

・呼吸法

 

効果は人それぞれだと思うのですが、どれか一つだけでも自分に合うものが見つけられれば、睡眠薬睡眠導入剤に頼る必要が無くなりますから、喜んでもらえると思います。

 

 

今回は、不眠症の方におすすめの音楽を紹介していきます。

 

 

 

 

脳波と精神状態の関係

いきなり難しい話をして、あなたの眠気を誘う作戦ではありません。

わかりやすく説明していきますので、最後まで読んで下さいね。

 

アルファ波(α波)って聞いたことありますよね。

 

カイワレ大根みたいで、ちょっと苦みのある細~いもやしみたいなお野菜で、サラダとか手巻き寿司に使われています。

 

それは、アルファルファ!

 

 

誰もツッコんでくれないので、自分でツッコんでみました。

 

 

アルファ波とは、脳にリラックス効果を与えるという周波数の1種です。

 

 

脳内で活動している電気信号を「脳波」というのですが、アルファ波も含めて5種類あるんです。

 

周波数の高いものから、ガンマ波(γ波)ベータ波(β波)アルファ波(α波)シータ波(θ波)デルタ波(δ波)の5種類です。

 

実は、精神状態によって、出る脳波の種類が変わるんです。

 

 

ガンマ波(γ波)

脳波を表す単位はHz(ヘルツ)なのですが、脳波の中でも一番高い26~70Hzをガンマ波と言います。

 

脳が活発に活動している時に見られる脳波で、集中している時恐怖を感じている時に出ています。興奮しすぎで絶えずストレスを感じているような状態ですから、長時間この状態が続くのは良くありません。ただ、ちょっとダラけている、ボーっとしている時にガンマ波を出すことができれば、集中力を上げることができます

 

 

ベータ波(β波)

ガンマ波の次に高い12~24Hzに当たるのがベータ波になります。

脳の状態としては覚醒している状態で、集中したい時に適しています。ただ少しイライラした気分でもあるので、創造力を必要としない単純作業慣れた仕事をこなす時に最適な脳波です。

 

 

アルファ波(α波)

その下の周波数に来るのがアルファ波(8~12Hz)です。

ご存じのとおり、リラックスして落ち着いた状態です。自律神経は副交感神経が優位になっていて、脳と体が休まりストレスを沈めます

 

 

シータ波(θ波)

アルファ波よりもさらに低い、5~7Hzの脳波がシータ波です。

きれいな景色などを見た時によく見られる脳波なのですが、精神状態としてはかなり眠りに近い状態です。シータ波が出ている状態の時は、ひらめきや記憶力がアップすると言われていて、創造力が必要な作業に適しています

布団に入ったら良いアイデアを思いついたという経験がある人も多いと思うのですが、それもシータ波が出ている状態だったからです。

 

 

デルタ波(δ波)

脳波の中で最も微弱な周波数1~4Hzに当たるのがデルタ波です。

睡眠中に一番多く見られる脳波です。逆に、起床してからもデルタ波が見られる場合は脳の機能障害の可能性があると言われています。

 

 

 

バイノーラルビートで脳波をコントロール

どんな精神状態の時にどんな脳波が見られるかは分かってもらえたと思うのですが、ではどうすれば脳を睡眠に適した状態(デルタ波)に持っていけるんでしょう?

 

これに一番適しているのがバイノーラルビート(Binaural Beat)なんです。

 

 

バイノーラルビートとは?

バイノーラル(Binaural)のバイ(Bin)には「二つの」という意味で、オーラル(aural)には「聴覚」という意味があります。つまりバイノーラルは「二つの聴覚」という意味です。

※一つに聞こえるがモノラル(Monaural)です。

 

 

実は脳には、左右の耳から異なる周波数を聞くと、その周波数の差に釣られて脳波を合わせてしまうという働きがあるんです。

 

つまり、左右の周波数の差を1~4Hzにすればデルタ波、5~7Hzにすればシータ波が出やすくなるんです。

 

 

では、実際にバイノーラルビートの理論に基づいて作られた音楽を聴いてもらいましょう。

(左右の耳に違う音を聞かせるのでヘッドフォンを使用して下さい)

 

【デルタ波】若返り、睡眠障害、不眠症におすすめ

【シータ波】うつ病、精神不安の方におすすめ


※どちらのも約1時間の動画です。一晩中流しっぱなしですと、多少なりとも脳に負担をかけるので、あくまでも入眠への手助けという意味で調度いい長さだと思います。

(音量もかなり小さめに録音されています)

 

 

 

もっと自然な感じがいいという方におすすめ「1/fゆらぎ」

聴いてもらったらわかると思うのですが、バイノーラルビートの動画は少し無理矢理作った音を聞かされてるようなイメージなので、少し抵抗があるという方もいると思います。

 

そんな方におすすめなのが「1/fゆらぎ(f分の1ゆらぎ)」です。

 

 

「1/fゆらぎ」とは

パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのことって言ってもわからないと思うのですが、脳にリラックス効果があることで有名です。

また、「1/fゆらぎ」は音だけじゃなく目からも感じることができます

 

電車の揺れろうそくの炎木漏れ日月の光などに「1/fゆらぎ」があると言われています。

 

自然界の音で言えば、「心臓の音」「小川のせせらぎ」「波の音」「小鳥のさえずり」などです。

 

また、面白いのは人間の声でも極まれに「1/fゆらぎ」を持った人がいます

美空ひばり、宇多田ヒカル、MISIA、徳永英明、Enyaさんなどです。

 

※ダチョウ倶楽部の肥後さんが森本レオのモノマネをしている声も「1/fゆらぎ」があるそうです。

 

 

ただ、歌詞のある音楽の場合、無意識のうちに歌詞を追いかけてしまうので、不眠症の改善には自然界の音の方がおすすめです。

 

 

【1/fのゆらぎ】波の音と小鳥のさえずり


こちらの方は、自然界の音ですので、脳に負担になることもないので、朝まで流しっぱなしでもOKです。

 

 

 

「バイノーラルビート」も「1/fゆらぎ」もYoutubeで探してもらえば、他にもいろいろありますから、お気に入りを見つけて下さいね。

 

 

それでは、今日はこの辺で、おやすみなさい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 快眠法 , , , ,