あなたは何色?カラーセラピーでぐっすり快眠(良い色・悪い色)

   

     

こんばんは!合歓泰三です。

 

 

先日、オススメ快眠法として「アロマテラピー」のお話をしましたが読んでもらえましたでしょうか?

↓ ↓ ↓

「アロマテラピーでスッキリ快眠 【快眠にオススメのアロマ6選】」

 

 

記事を読んでくれた方からいろんなメッセージをいただきました。

 

「カモミール大好きです。」

「アロマ好きなんで、毎日お風呂に入れてます」

「ディフューザー買ったとこなんでむっちゃタイムリーでした」

「カモミールとラベンダーとオレンジしか知らなかった、ネロリって、ネロっとしたセロリ???」

 

結構多くの方がアロマはされてるんですけど、快眠法にもなることを知らなかったという人が多かったですね。

 

 

で、アロマテラピーは「香り、匂い」でしたが、今回は「色」カラーセラピーについてお話していきます。

 

 

 

 

快眠・安眠におすすめのカラー

イギリスで行われた調査では、寝室や寝具の色によって睡眠時間に2時間も差が出る

というくらい色を選ぶのは大事なんです。

 

 

では、どんな色が一番、安眠快眠に適していて、どんな色が適していないかを紹介しますね!

 

 

快眠に一番オススメの色は「青色」

 

aoiro

 

水色でも、紺色でもあなたの好きな青色でOKです。

 

 

青色には、不安を沈め、意識を遠くに運んでくれる働きがあります。

 

意識が近くにあると、今日仕事であったことや、人から言われた一言が気になって、なかなか眠りにつけません。

 

しかし、意識が遠くに感じるようになると、これらの感覚から解放されるので、眠りに落ちやすくなります。

 

 

寝室のカーテンシーツ枕カバーパジャマなど、いろいろ試してみて下さいね!

 

 

 

また、青色が寒く感じるという方もいると思いますので、比較的快眠、安眠効果の高い色を紹介しておきます。

 

 

 

おすすめ快眠カラー 黄色、緑色、シルバー、オレンジ

青色の次におすすめなのが、黄色緑色シルバーオレンジです。

 

 

黄色は寝室全体をあたたかく、居心地の良い空間にする作用もあると考えられます。

kiiro

 

緑色は休息できる落ち着いた空間にしてくれます。

midoriiro

 

シルバーは月明かりのように人間の脳が錯覚し人が眠りに入りやすい効果があります。

silveriro

 

オレンジには消化を促す効果があるとされ、たくさん夕食を食べてしまった日などに良いとされています。

orangeiro

 

では、次にオススメできない色も紹介しておきます。

 

 

快眠・安眠を妨げるバッドカラー3色

逆に眠りを妨げてしまう色っていうのもあるんです。茶色グレーです。

 

 

紫は精神を刺激する色で、忙しかった日などは特に、睡眠との切り替えを促すのが難しいと考えられます。

murasakiiro

 

カラーセラピストによると、紫は脳の芸術分野に働きかけるためはっきりとした夢を見たり、うなされることもあり得るということです。

 

また茶色やグレーは、寝室に使うには気持ちを下げてしまったり淋しさを感じさせてしまうので、眠りを妨げる要素があります。

rengairo

saiiro

 

 

えっ?ピンクはどうなの?

ちなみに女性の方で寝室やパジャマをピンクにされている方も多いと思います。

 

「ピンクはどうなの?」って思いますよね。

 

 

カラーセラピーでは、ピンクは女性ホルモンの分泌を高めてイキイキとしたり、お肌の調子をよくしたりする、アンチエイジングの効果がある色です。

 

ですからピンクの好きな方ならピンクもオススメの色です。

 

ピンク意外ありえへん!と思ったあなた。

 

大丈夫ですから、安心しておやすみ下さい。

 

 

 

まとめ

どうも毎朝スッキリ起きられない寝足りないという方は、ひょっとしたら寝室やパジャマの色が原因かもしれません。

 

一度変えてみるのもいいと思いますよ。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で、

☆GOODNIGHT☆(;д;)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 快眠法 , , , , , ,