【女性の方は必見!】カフェイン依存性の恐怖

   

     

こんにちは!合歓泰三です。

 

突然ですが、コーヒーはお好きですか?

 

僕は父親がコーヒー好きだった影響で小学生時代からレギュラーコーヒーを飲み続けているせいもあって、かなりのコーヒー好きです。

喫茶店に入って、コーヒー以外のものを注文するなんて考えられないくらいです。

 

そこまでコーヒー好きじゃない人でも、寝不足で頭がボーっとしてる時に、コーヒーなどで眠気覚ましをする人も多いと思います。

 

これは、カフェインの覚醒作用により眠気が緩和されるのですが、1日1,2杯くらいなら問題はないのですが、カフェインは薬物ほどではないですが、摂りすぎると「カフェイン依存性」の心配がありますので、摂りすぎには注意してくださいね!

 

 

ということで、今回は眠りにも関係が深いカフェインについて少し説明してみます。

 

 

 

 

カフェインの含有量はコーヒーより緑茶の方が多い

まず、カフェインと言えば、コーヒーを思い浮かべる人が多いと思うのですが、紅茶や緑茶にも含まれています

 

実は、カフェインの含有量だけなら、

緑茶 > 紅茶 > コーヒー の順で、

緑茶が一番多いんです

 

ryokucha

 

でも、コーヒーの方が覚醒作用が強く感じるのは、緑茶に含まれる「タンニン」(苦味成分)がカフェインの吸収をやわらげる作用があるからなんです。

 

 

また、栄養ドリンクドリンク剤にも、カフェインは大量に含まれていて、他の成分(生薬やビタミン類)よりもカフェインの即効性で飲んですぐにスッキリ感が得られるようになっています

 

また、コーラにも大量のカフェインが含まれていますから、夜、お風呂上がりに飲んでしまうと、眠りが浅くなったり、なかなか寝つけないだけでなく、カフェインの利尿作用で夜中にトイレで起きてしまう。ということにもなります。

 

 

また、眠気覚ましでよく使われるガムタブレットにも必ずカフェインが含まれていますので、摂り過ぎには注意して下さいね。

caffeine1

caffeine2

 

 

 

カフェインを摂るメリット、デメリット

カフェインを摂るメリットとしては、カフェインには覚醒作用のほかに、脳内で疲労物質アデノシンがアデノシン受容体と結びつくのを阻害する働きがあるので、疲れにくくする作用があります。

 

 

逆にデメリットとしては、眠りが浅くなる利尿作用があるのでトイレが近くなる胃を荒らしてしまう、という一般的に知られているものの他に、自律神経の乱れ貧血といった深刻的な体調不良の原因にもなります。

 

特に、女性の方の場合、いろいろなトラブルが起こるので、くれぐれも過剰摂取は控えてくださいね

 

 

 

女性のカフェイン過剰摂取によるトラブル

  • シミの原因になるメラニンを拡散させてしまう。

 

  • カフェインには体を冷やす作用があります。冷え性の原因になるとともに、生理痛がひどくなる場合もあります。

 

  • 特に妊娠中の方は、カフェインが胎児への酸素や栄養素を送りにくくしてしまい流産などの危険性が増すので要注意です!


 

カフェイン依存性とは?

カフェイン依存症の症状

最後に「カフェイン依存性」ですが、症状としては、

 

  • 眠気
  • 体がだるい
  • 頭痛
  • 頭がボーっとする
  • 不安になったり落ち込んだりする
  • 集中力がなくなる
  • 嘔吐

 

というものがあります。

 

 

カフェインの摂取量の目安

成人男子 400mg

コーヒーカップで5~6杯、マグカップなら3杯まで

 

妊婦さんの場合 300mg

コーヒーカップで3~4杯、マグカップなら2杯まで

 

くれぐれも摂りすぎには注意して下さいね!

 

 

 

まとめ

カフェインと言うと、コーヒーばかりに意識がいってしまいますが、結構他のものにも含まれています。

 

特に眠気覚まし系のガムやタブレットを常用されている方や女性の方は、カフェイン依存症にならないように注意して下さいね。

 

 

 

それでは、今日はこの辺で

おやすみなさい。

(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

 - 睡眠と病気 , , ,